読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだの日日

特に何のポリシーもなく、思いつきで始めました。 普段、漠然と考えていることを、根拠もなく無責任にテキトーに、ぐだぐだと書いています。なので、ご意見ご批判などは受け付けていませんのでご容赦のほどを(^^;)

宗教と女の子

たまにはタブーな話題で、僕の宗教観について・・・あくまで僕の個人的な感覚で、他の人の考えを否定するつもりは全くありませんが・・・実は子供の頃から、なんとなくですが・・・神様の存在は信じていません (^^;)。
 
 でも、宗教にまるで感心がないかといえば、そんなこともなく、信じていないからこそ、信じている人達のことが不思議でしょうがないんです(^^;)
 
 最初に宗教について考えたのは 30年くらい前ことで・・・大学は違ったけど、バイト先で知り合った友達との会話がきっかけです。そいつは頭の回転が早くて口がうまくて、なんとなく気があう感じでした。
 
 ある日、渋谷のアンナミラーズでだべっている時に、将来の話になって・・・僕が「なんか楽に儲かる仕事ないかな?」ってつぶやいたら、奴は「あるよ!」って言うんですよ(^^;)
 
 僕「え、あるの??」って話ですが・・・
 
 僕「なになに?」、奴「宗教かな」、僕「宗教??」、奴「ボロ儲けで税金もかからないし、女だって思いのままだぜ!」 
 
 僕「本当に??」(前半よりも後半の方はどういうこと?)今もそうだけど、当時も女の子には縁がない日々だったので、さらに興味津々な訳で・・・僕「どういうこと?」
 
 奴はしょうがないなって感じで、奴「宗教団体に入る人って、人がよくて騙されやすいよね?」、僕「うんうん!」(お前みたいな奴は絶対に騙されそうにないな!)僕「それで?」 
 
 奴「宗教にすがるってことは、どこか傷ついていたり弱っている可能性が高いだろ?」、僕「まあ、そうかもね !?」、奴「騙されやすくて弱った女なら簡単に落とせるだろ?」、僕「どうかな?」、奴「わざわざ、探さなくても、そんな女が集まってくるんだぜ。まさに入れ食いだよ!」
 
 僕「なるほど!」(こいつ、むちゃむちゃ頭いいな!) 
 
 奴「でもね…」、僕「なになに?」
 
 奴「まず、宗教法人の資格をとらないといけないんだ(^^;)これが結構、難しくてね!」当時はオウム事件の前だったけど、やはり簡単ではなく、信者も 200人くらい集めないといけないみたいで・・・
 
 僕「200人か~」・・・(俺、友達も3人くらいしかいないし、あいつ等だって入るかどうか?それに人前で喋るのも苦手だし、嘘をつくのも下手だしな~)
 
 今でもそうですけど、嘘つくと目が泳ぐらしく、キャバクラとかでも指摘されます(^^;)
 
 その後の会話はよく覚えていないけど・・・今、考えるとあいつを教祖にして裏方になれば良かったのかな?僕は裏で姑息なこと考えるの、結構、好きだし・・・ それに奴の話し方は妙に説得力があったからな~ (^^;) 
 
 まあ、世の中、そんなに甘くないってことを知った青春の1ページでした。 そんな訳で、今でも、宗教って聞くとエッチなことを想像しちゃいます(^^;)
 
*文中に不適切な表現があるかもしれませんが、 30年前の学生の与太話なのでご容赦下さい m(_ _)m。なお、一切の苦情、ご意見等は受け付けていませんのでよろしくお願いします。(今後の投稿についても同じです (^^;))