読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだの日日

特に何のポリシーもなく、思いつきで始めました。 普段、漠然と考えていることを、根拠もなく無責任にテキトーに、ぐだぐだと書いています。なので、ご意見ご批判などは受け付けていませんのでご容赦のほどを(^^;)

保守とリベラル

政治 ひとりごと

最近、ニュースを見ていると・・・政党政治もなんとなく行きづまり感があって、そろそろ直接民主制について検討し始めた方が良いような気もしますが・・・考えてみると政治について勉強したことがないので、政党のカテゴリーがよく分かっていません(^^;)

「保守」とか「リベラル」とか言うやつですが・・・疑問は学生の頃からありました。

勝手に推測で考えてみると(本を読むのは苦手で面倒だから)・・・分けるなら「保守」「リベラル 」「革命」の方がスッキリするかな?

 「革命」って言うのは、共産党のように独特のイデオロギーで国の枠組みごと変えようとする勢力でそもそも「政党」と言うべきか悩むところですが、他には真理党(オウムの政党)のように特定の宗教による支配を目指すような政党が該当するのかな?

まあ、でもメインは「保守」「リベラル」でしょうか(^^;)

「保守」・・・言葉から推測すると、「基本的に今のままでいいよ」ってことですかね?

自民党は保守ですよね。だから既得権益のある人、経済界、富裕層の支持を受けて勝ち組である彼らの代弁者となるわけですね(^^;)

では、民進党社民党は?と言うと僕の感覚では「保守」ですね。何故かというと、彼らの支持母体は公務員や、ある程度の規模の企業の正規社員で構成する労働組合員であり、やはり「勝ち組」の代弁者だからです(^^;)

どちらも基本的には「抜本的な構造改革はしたくない派」と思います。

ただ、自民党の方が同じ「勝ち組」でも、いろんな職種や立場、と言うか多様性があるので、国鉄や郵政などダイナミックな改革も出来るわけですね。

民進党は「一種類の勝ち組」だけの代弁者なので、思い切った改革も出来ず、支持も広がりにくいのかなと思います。

もちろん、選挙のため、それぞれポピュリズム愛国心を煽り「ネトウヨ」の支持を得たり、弱者保護を訴えて「貧困層」にアピールしたりしていますが、基本は「勝ち組」同士の主導権争いですよね(^_^;

では「リベラル」は・・・「負け組」の側で社会システムの最適化を目指すと言うことかな?日本の政党では思いつきません(^^;)

*注:個人的な見解です(^^;)