読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだの日日

特に何のポリシーもなく、思いつきで始めました。 普段、漠然と考えていることを、根拠もなく無責任にテキトーに、ぐだぐだと書いています。なので、ご意見ご批判などは受け付けていませんのでご容赦のほどを(^^;)

続・男と女

前回の投稿の「男と女のどっちが得か?」って話で、30年前の学生時代の議論のことを書きましたが・・・

 なんとなく思い出して来たのですが、最初はデートの時のお金を全部、男が出すのは大変だよねってことから「モテるには、車がなければ」とか「アパートにはシャワーがないといけないよね」とか、あんまり女に縁のなさそうな顔ぶれで恋愛について語っていたところから始まったような気がします(^^;)

まあ、と言うか恋愛とお金についての話かな?

 ちなみに、最初の最初は、その中の一人が、好きな子がいて・・・どんな関係だったかは覚えていないけど・・・その子の誕生日だったかクリスマスだったかに京王プラザで部屋を取って直前にフラれて、その中の別の友達と二人で泊まったって話がきっかけだったような気が(^^;)

 その時、「なぜ京王プラザ?」って思った記憶があります(^^;)うちの大学は八王子だったけど、京王線小田急線も中央線も新宿に着くから・・・やはり新宿が限界なのか?って寂しく思いました(^^;)

新宿より先は未開のフロンティアでしたからね(^^;)

 それはともかく、その次の話題はやはり就職関係で、当時の田舎の大学生のイメージは「男はいい会社に一生努めて、家族を養う。女性は、結婚して家庭に入る。」みたいな感じで、今で言う就活を前にして、不安から「女はいいよな~。いい男を捕まえて結婚すればいいから」って、もし女だったとしても絶対にモテそうにない面子で飲んだくれていました(^^;)

 まあ、それでもなんとなく男の方がいいのかな?って雰囲気でしたけど・・・

今とは、学生の就職に対する考えも結婚観も恋愛観も全然違うと思いますが・・・ネットもない時代では、情報量が圧倒的に少なくて、妄想ばかりしておりました。

 余談ですが、その後、社会に出てからの若い頃は、柳沢きみおの「妻をめとらば」の八一君みたいな生活に憧れていましたが、案外と普通に暮らしていました(^^;)で、現在に至ります。